とちのき村HOME >写真館 >主催事業 >2017年 とちのきわんぱくキャンプ 夏

写真館 主催事業

2017年 とちのきわんぱくキャンプ 夏

4日目 やっと晴れた!

台風一過でしょうか、初日以来のようやく晴れ間。朝からぶんたろうストレッチで体をほぐし、部屋とキャンプ道具の片づけです。

最後の日の活動は『俳句ing』。グループごとに思い思いの場所に行き、俳句を書いてもらいました。さすが高学年ですね、みんな素晴らしい力作ぞろいでした。

俳句とキャンプの感想をそれぞれが発表し、最後のふりかえり後は予定通りにバスで出発!

台風のせいで色々と変更を余儀なくされたキャンプではありましたが、みんな元気に楽しく3泊4日を過ごしてくれたようです。

また美方高原でお会いしましょう!

3日目 雨がだんだん止んできました

いよいよ今日がロングロングロング沢登りの日でしたが、台風の影響で川の水量がまだ多く、予定していた場所からのスタートではなく、ずっと上の美方高原近くから沢に入ることになりました。

そんな訳で、午前中はキャンプのお土産になる木のつるつるストラップを作り、ウッドバーニングというペンで字や絵を描きました。

午後は水量がいつもより多い沢へ出発です。最終ゴールの三つ滝まで3時間近くかかったでしょうか。みんな急流に負けず、果敢に上流へ上流へと進んでいきました。

明日でとうとう、わんぱくキャンプも終了です。最後の夜は焚き火を囲んでマシュマロやウインナーを焼きました。

2日目 台風がきています

昨日とは変わって今日は朝から雨降りのスタートです。台風の影響もあるのでしょうか、風も少し強くなってきました。朝食は食堂で食べることになっているため、すぐにテントを撤収して、キャンプ場を後にします。

台風が接近する前に、何とか川遊びに行っておきたかったのですが、雨も強くなり、川の水も増え始めてきたので、今日は体育館でクライミングウォールにチャレンジしたり、館内でゲームをしたり、カッパを着て台風の雨風体験ハイクに出かけたりして過ごしました。

今夜はみんなで体育館で雑魚寝泊です。本来は河原でテント泊の予定でしたが、こんな泊まり方もみんな楽しそうです。

1日目 テント設営と野外炊事

いよいよわんぱくキャンプがスタート!尼崎から16名、但馬から4名、合わせて20名の子どもたちが参加しました。

はじめは緊張している雰囲気もありましたが、新しいグループでお昼ご飯を食べ、ゲームを楽しみ緊張もほぐれてきたようです。

そして、みんなでキャンプ場に移動。テントを立てました。そして、夕ご飯は野外炊事の鹿肉カレー。どのグループもおいしいカレーができました。

施設でお風呂に入り、今日の振り返りをしたら、早めにテントで寝ます。

※明日は台風の進行状況が心配されるところです。現在の予定としては、台風の影響がまだあまりないようであれば、午前中に

矢田川までマイクロバスで行き、川遊び。午後は多目的ホールにあるクライミングウォールに挑戦します!朝食時に川の様子と天候を見て最終判断いたします。

とちのき村の天気
個人プログラム
コテージ村
情報誌・寄稿文・新聞記事
申請書類やイベントチラシ
美方高原自然の家 とちのき村の食堂
ご利用の流れ
施設利用でのお願い
危機管理マニュアル
pagetop